兼ヲタ日記

ジャニヲタで若手俳優のおたく。

「声が似てる」ことは正義なのか

ただの吐き出し。

 

 

2.5次元舞台において大切であるとされていることって

1にビジュアル

2にビジュアル

3、4がなくて

5に声優さんと声が似てるかどうか(寄せているかどうか)

 

だとなんとなく私は感じているんだけれど

 

ビジュアルは俳優さんたちの生まれ持った素質にプラスしてメイクさんが頑張るとして、2.5次元舞台は元々ある程度正解(原作のキャラクターを崩しすぎないという意味で)があるのにその上「声が似ている」あるいは「話し方や歌い方を声優さんに寄せていく」ことが正しいとされる風潮はあまり好きではないです。

 

 

テニミュまで何人も同じ役がいると声とかどうでも良い感じになってきてる気がするけれど、最近量産されるようになったワンクールしかやってないアニメの舞台化や人気ゲームの舞台化の場合、キャラクターのビジュアルと声が似てることが重要視されてる気がして。なんなら若手の声優さんが舞台に声を当てたキャラクターの役で出演されることもしばしば。

 

声優さんが舞台でも同じキャラをやるのであれば声は同じだから寄せるとかではなく本人の声の演技に舞台での動きや顔の表紙の演技を加える、という作業が役作りになるのかなと思うんだけど、ビジュアルが寄せられそうだからと選ばれた俳優さんがそのキャラクターの声優さんの声に寄せていくのは違う気がして。

 

もちろん役作りの一環としてアニメを見たり、ゲームをやったりしてその役を理解するというのは必要だと思うし、話し方やイントネーションを真似するというのはあると思うんだけど、声そのものの真似ってする必要ある?というか似てるから褒められるって何?

 

ちょっと気になる2.5次元舞台の感想をサーチすると○○(俳優)、声がめっちゃ××(声優)!!みたいな感想をよく見る気がして悲しくなっています。俳優さんは声優さんのモノマネをしてるんじゃないんだ、演技をしてるんだよ。

途中から歌い方変わった!寄せた!とか言われてたりすると、手紙とかでなんか言われたのかなって勘ぐってしまうのは悪い癖だし、シリーズ内で2〜3人が同じ役をやってるときに「○○くんは声がキャラに似てないから××くんのキャラのほうがよかった!」みたいな感想を見ると寒気がする。

声が似てないと嫌な人は舞台なんか観に来なくていいよって思ってしまうめんどくさいおたくです。

 

 

やっぱり、アニメやゲームとかのおたくと若手の舞台俳優のおたくは考え方が根本的に違うのかな。わたしは舞台化が2次元の完全コピーじゃ物足りないんだよ。

住み分けできなくてごめんなさい。

 

ねえ、聞いて 悩んで病んで決めたことなの

Bさんから降りると決めてはや半年が経とうとしています

少し前に、新しい推しができました

作りましたの方が正しいかな?正確にはわかりません。

 

それと同時に、Aさんのおたくを名乗るのを辞めることにしました。

 

Aさんはわたしが若手俳優を追いかけるきっかけになった人で、存在を知ってからは7年?気づけば追いかけはじめて5年くらいずーっとわたしの中で1番というか、もはや殿堂入りしてた人です。

だけど、もういいです。

理由は、もう本気で追いかけても得るものがないなと感じたから。

 

得るものがないって大袈裟かも知れないけれど、昔はインタビューすら受けてこなかったのに最近はたくさんインタビュー受けてたり、なんとなく本人の中で意識が変わったんだろうなってことがたくさんあって、自分の中で「生で観ないと」という意識が薄れていくのを感じました。

 

なにより、私がずっと好きだ好きだと呟いていても見向きもしなかったついったーのフォロワーさんたちに最近になって「実は私も前から好きだった」と言われるようになったことが耐えられませんでした。私お前らのつぶやき見てんだよなめんな。これを言われはじめたのはきっかけがあって、それはAさんと仲良しな後輩くんがついったーをはじめてAさんと絡むようになったからです。後輩くんは悪くないんですけどね。完全にわたしの心が狭いだけです。

 

 

これからAさんはきっと世間様の「浮遊層」を捕まえにいく時期なんだろうな、と思ったのでおたくを名乗るのをやめてわたしもゆるーいファンになろうと思います。まあ無理だろうからしばらくは情報を遮断しようかなと。今出てるドラマもそんなにおもしろくないし。フォロワーさんたちのことは当たり前にミュートさせていただいております。TLがめちゃくちゃ静かです。

 

 

 

 

新しい推しさんは、Aさんから比べると知名度は3くらいかな...あ、念のためですがスタミュミュに出ていた人ではありません。名前を出す気は1ミリもないです探さないでください。

 

主戦場は2.5舞台って感じなんですが、そこまで目立った役をするでもなく。あれ?もしかして名前付きモブ?名前付いてただけいっか!みたいなこともわりとあります。なのでその舞台その舞台の原作についていたおたくがいるだけで俳優さん個人のおたくの絶対数は少ないみたいです。でもそんな絶対数が少ない中腐女子率が高いらしくて3次元で推しさんと推しさんのシンメの方で腐ってる方もいるみたいでドン引きしてます。別にいいけどオープンアカウントで公言するなよ。お里が知れますね。キャラ人気は1年と言われますが、新しい推しさんのキャラ人気はどれくらい持つのでしょうか。

 

リアコでもないし、同担拒否をする気もなかったけど、サーチしてもそんなんばっかりだからおそらく同担と絡むことはしばらくないので壁打ちを楽しみたいと思います。

 

 

 

新しい推しさんはなんて呼ぼうかな、順当にいけばCさんか。それじゃあCさんということで。

 

 

単推しって久しぶりなので躁鬱激しくなりそうですが、このブログを読んでくださってる皆様に置かれましては今後とも生暖かい目で見守っていただければ幸いです。

 

スタミュミュを観たはなし

 

スタミュミュ、観てきました。

アニメをチラチラ見ていて舞台化するって言うから。元々漫画もあまり読まないし今まで原作知ってて舞台化したのはテニミュと薄桜鬼しかないので、新しくアニメをやって舞台もやるということで怖いもの見たさみたいな気持ちもありつつ行ってきました。

 

感想としては、良かった。

ビジュアルを寄せている、というのは最近の2.5次元舞台では当たり前になってきてると思うんだけど今回は脚本も演出もとても良かったと思います。原作が好きであることが前提になっていて舞台の脚本が書かれている気がするので(というか1期全部を2時間半でまとめてる)、推しがいるからとりあえず、と原作知らずにくるともしかしたら物語に置いていかれる可能性もなきにしもあらず。だけどまあスタミュ自体とりあえず歌って踊っとけみたいな感じだし、曲ごとにめっちゃ衣装変わるから見てて飽きないと思う。

 

ジャニヲタなのであの衣装の数にはときめきました。キラッキラしてるしね!ありがとうございます。早替え大変だよね。そりゃ舞台上で上着着れない!みたいなハプニングも起こるよ。

 

 

キャラで言うと、鳳先輩がマジモンすぎて1番最初作品間違えたかと思った。1人でダンスだけであれだけの場をもたせられるのすげぇ。調べたら本当にすごい人だった。

あと、アンサンブルがすごいですこの舞台。アンサンブルのみなさんのおかげで成り立ってることをひしひしと感じた(笑)ほぼ全部バックついてるし、ダンスの実力もメインのみんなよりあるよね....キャラに寄せられるかの問題だったよね...って感じ。

 

私のスタミュの推しは天花寺くんなのですが、天花寺くんソロ曲はほぼ踊りません。それなのにあんなにキラキラ輝けるのはほんとひとえにアンサンブルの皆様のおかげ。そして鈴木勝吾さんの存在感のおかげです。普通の制服の上から羽織一枚着ただけなのに一瞬で和の雰囲気になる天花寺くんは天才以外の何者でもありませんでした。好きです。

鈴木勝吾さんは薄ミュでも私の薄桜鬼の推しである風間千景さんを演じてらして、なんで私鈴木勝吾さんを推してないんだ?!状態。いつも平面の推しに命を吹き込んでくれてありがとうございます。シンケンジャー見ますね。でも鈴木勝吾さんたぶん低音苦手だね???地声高めだもんね。ちーさまのあの低音は努力の賜物だったんだなぁと思いました。

 

主演の杉江くん、顔がすごく主人公だなぁって思ってて、今回初座長なのがちょっと意外でした。歌の時の発声がすごく心配です。喉痛めそう。というかチーム鳳けっこう歌危ういね?ダンスも危ういね?それを補い合ってるって公式が言っててなるほどさすがチーム鳳とか思ったり。

 

逆にチーム柊はみんなある程度(ここ重要)歌える人を揃えてきた印象。1人抜きん出てダンス上手い子誰だって思ったらDream5の人でした。そら上手いわ。

あの海賊衣装がすごく羨ましいです。KAT-TUN育ちなので海賊に敏感です。純粋にかっこいい。

柊先輩がすごく柊先輩というか、真面目に学園のことを考えつつ、生徒へのアドバイスはちょっとお茶目で鳳先輩との血の繋がりを感じた(笑)あのシーン好きです(笑)

 

全体的にコンサートまでいかないけど頭を空にして楽しいー!!って言ってられる物語だと思います。歌のうまさとかは気にしたら負けなんです。たぶん。物販とかもしっかりしてるし、ちょっとでも興味ある人は行ってみて損はないかも。

ファンではないけど某俳優さんの個人イベに行くの巻。

 

お友達の付き添いで行ってきました。急遽一緒に行くはずだった子が来れなくなったから来てと言われてついて行ったけどまさかツーショットまで撮るとは。

一応お名前は伏せさせていただきますが、まあそのイベントに行った人やその俳優さんの仲良しな俳優さんたちのファンの方にはすぐわかってしまうと思います。

 

 

 

結構広めな会場でお友達が写真を買うのを見届けつつ着席。

10分ほど押す。司会も出てこない。なんでや。せめて司会は出てこないかなーと思ってたら司会の方が登場。そこから5分くらい主役がこない。何があった...?

 

 

本日の主役登場。色めき立つおたくの群れ。真ん中の通路を通ってステージへ。

内容は端折りますが、約1時間ちょっと?かな?の間に盛りだくさんって感じで。しかも毎回やること変えてたらしくて俳優さんのポテンシャルというか、意識の高さを感じました。

知り合いの芸人さんが書き下ろしたというコントやってたけど全然おもしろくなかったのは内緒です(大声)

 

 

司会の方が下手すぎて死ぬかと思いました。お前イベント会社から来てるんじゃないの???まず話の振り方が雑。この人俳優さんに全く興味ないのかな?って感じだった。自分から話を振っといて「へー!そうなの!」で終わらせたりとか。俳優さん自体もイベント慣れしているのかどうか微妙な感じ?で全然話が膨らまないという...。おたくがMCやったほうがもっとたくさん話せたんじゃないかな。

 

 

あと、毎回違うことやりたい!ということで打ち合わせ不足だったかもしれない。質問コーナーとはなんだったのか。おたくから寄せられた質問、全然答えてなかったじゃないか。今度Twitterとかでいくつか抜粋して答えたらいいと思うまじで。

 

 

 

 

ツーショットチェキのお時間。俳優さんはチェキ用の衣装に着替えて再登場されました。お色直しってやつや!わたしが行った回はスーツをお召しになられていました。スタイル良くて似合う!のに座って撮るんかーい!!!となりました。まあ人数多かったから仕方ないです。

 

 

チェキのポーズは3種類?くらいから選べました。わたしはお友達とは別のポーズにしようと思ったので、無難にピースしときました。自分のところでハサミで切れるようにちょっと隙間を空けて座っていたら俳優さんの方から近づいてもらえてしまい(写真に収まりきらなかったのでしょうか)申し訳ないことをしたなーと思いました。

 

最後に一言お話できる感じだったので、たまたまその俳優さんも出演される、次に行く予定の舞台の話をしました。楽しみにしていますね〜と軽く言ったんですが、俳優さんに目を合わせてもらって「ありがとう!おれ、がんばるよ!」と言われたら軽率に落ちかけるよね。だってイケメンだもん。かっこいいは正義だなと改めて思った。でも、この俳優さんはおたくにタメ口なんだ〜とか余計なことを考える余裕があったのでまだ落ちないと思います。

 

 

接触で無事死んだお友達(その子はイベント全通)と一緒に写真確認したけど、1回目のチェキとわたしが行った回のチェキと比べると明らかにおたくとチェキを撮ることに慣れたことがわかっておもしろかったです。かわいいかよ。ってなりました。

 

 

 

自分の推しではない俳優さんの個人イベ、何が困るって「その俳優さんの出演作品のことを知らない」ことだなぁとつくづく思いました。やっぱり自分の推ししか観ないから観る作品や共演する俳優さんたちに偏りが生じるのは仕方ないんだな。でも個人イベなので知ってるでしょって感じで話が進むし。ここらへんは話がうまい俳優さんならもしかしたらカバーできるのかもしれないですけど、若手俳優に喋りまで要求したら芸人さんの立場がなくなるわ。だから司会がんばれよ。

 

 

帰りに、イベント来てくれてありがとう!とお友達から俳優さんのブロマイド貰いました。私も次からは新しくできるであろう推しのブロマイドを配って歩こう。と心に決めました。いつ推しができるか知らないけど。

今回は俳優さんのファンへの思いというか、「おれって一人じゃないんだ嬉しい」という思いをたくさん感じられたイベントだったような気がします。好きな人にそうやって言葉にしてもらえるって嬉しいことですね。言葉はタダだからみんなもっとたくさん言ったらいいと思った。ありがとうは無料でできる営業活動ですね。

うまい締め方がわからないのでこの辺で終わり。おもしろいイベントでしたありがとうございました。

 

 

 

 

 

p.s.先日VBBのブルーレイが届いたのですが今日はそれを観ていたら日が暮れました。みんな買うといいと思うよ。

 

Goodbye my love

 

Bくんを降りました。

降りる降りる言ってたけどチケットが手元にあって、それだけはちゃんと行こうと思ってたから全部行って。

 

少し前に、Bくんを推していた時期に取っていたチケットが手元からなくなりました。

 

 

 

Bくん最後の現場はイベントでした。

当日、近くに座っているたくさんの見慣れた顔を眺めながら「この人たちと同じ空間にいることも少なくなるんだな」と思うと嫌いだったはずの同担(同厨)すらちょっと好きになったというか、なんだか感慨深い気持ちにすらなりました。

 

 

 

共演者たちと喋っているBくんはとっても楽しそうで、はしゃいでて、相変わらず整った顔をしていました。

特に誰と会う約束もしていなかったのでひとりで行ってひとりで帰ってきました。

 

 

終演後最寄駅に着いたときに、「解放された」と感じました。今までなんの義務感で現場に行っていたんだろう。

 

 

その後、チケットをあまり買わないので時間もお金も持て余した結果、旅行に行ってきました。同級生たちが頻繁に旅行に行くのはこういうことかー。とちょっと思いました。使う金額的にはわたしたちは毎月旅行に行っているようなもんですね。

 

 

次の推しは決まってないけれど、Aさんは映像のお仕事が決まっているし、しばらくはのんびりする期間にしようかなと思います。

 

 

推しの条件とは

 

結局どんな人を推して行くことが私にとって良いのだろうか

推しは「できる」もので「つくる」ものではないけど、もしつくれるものならこんな人がいいっていう条件を過去の経験()からあげられたらいいのかな

 

 

・賢い

彼女だけじゃなくて、色々な過去や現在の失態やらなんやら隠したいことを隠せない頭が悪い人は推せないです。隠し通すか公表してその上で活動してほしい。本人以外の場所からバレるっていうのが一番ダメな気がする。

 

 

・事務所がしっかりしてる

隠したいことを隠し通すために事務所の協力って本当に大切だと思う。本人がしっかりしてればある程度は隠せるかもしれないけど、本人の気が回らないところとか気づかないところをサポートしてこそマネージメントだろうがって思うこともありまして、大手がいいとは一概には言えないけどマニュアルしっかりしてそうな事務所にいてほしいって思う。

 

 

・(ある程度)チケットが取れる

最初からプレミアチケットだらけだと気力が持たないです。やる気のないおたくでごめんなさい。ガラガラも悲しいけど。某touっていう舞台に通った今余程酷くない限りおもしろくないと感じる舞台なんてないと思う←

 

 

・カーテンコールで変な謙遜をしない

「僕(わたし)はまだまだ下手なんですけど」とか言う人が嫌いです。「もっと頑張ります!」だけでいいじゃないか。その下手にわたしはお金払って観てるんだからせめて舞台上やわたしたちおたくに見せてる人格は自信満々でいてほしい。下手だとかまだまだだとかそういうのは稽古や打ち上げでスタッフさんたちとやっといてくれ。

 

 

・めんどくさいおたくが少ない

金払いのいいおたくが好きです。マウント取ってこなきゃいいって話です。いつも最前いるような身綺麗な女の子とかって全然マウント取ってこないのに、中途半端に通って中途半端に物販とかにお金落としてる人たちの方がよっぽどめんどくさい。(個人の考えです)

お前らのせいでその人のおたく減ってるよ???って言いたくなったおたく(の群れ)を何度か見たことがあるので自分は絶対そうはなりたくないし、そんなおたくがついてる俳優さんをかわいそうだなぁと高みの見物できるような俳優さんを応援したいです(笑)

 

 

・急な告知をしてこない

事務所がしっかりしてるという項目に似ている気はするけど、いきなり「今日の○○時から公開生放送します!」とかそういうのはいや。行ってしまう自分もいやなのでそういう告知はない方向で...。あ、あと、イベント飛び入り参加とかも好きじゃないです(笑)

 

 

 

 

若手俳優のおたくは推しと絡むよりもおたく同士のほうが絡む、というか視界に入る時間が長いからどんなおたくがついてるかは結構大切な気がする。推してみないとわからないことの方が多いけども。でも推してもないのに「やばそう」と思うところにはいかないよなぁと思ってる。

さあ、わたしは次は誰を推すのだろう。

好きだった作品

今まで観た作品で好きだったものをいくつかご紹介したいと思います。誰得?備忘録。

 

1 CLUB SLAZYシリーズ

 

みんな大好きスレイジー。気がつかないうちに若手俳優カテゴリではてなブログ書いてる人の中の誰かしらと連番してる気がする(?)

初演の時、前売りでは初日の1枚しか買わなかったのに毎日当日券に並んで通いつめたのを鮮明に覚えています。2ndの初日はスペゼロがガラガラで泣きそうになったのにいつの間にか大人気コンテンツに変わっていました。

ここまでおたくが育てた(通いつめて宣伝した)オリジナル舞台も少ない気がします。詳しくはきっと誰かがブログを書いているのでそちらにどうぞ。スレイジーは沼です。

 

 

2 黒いハンカチーフ

 

天才詐欺師集団が不正に金を儲けてる人のみをターゲットにしてお金を巻き上げていく、というお話。(超ざっくり)

いきなり告知されていきなり観に行ったイメージがあります。黒いハンカチーフ。これもう少し前に告知できてたらもっともっとチケット売れてたと思う。それくらい話もおもしろいことが保証されてたしキャストの皆さんの演技力もすごい。矢崎広をはじめ桑野くんや松田くんもいて実力派が揃ってたイメージ。るひまさん制作なのでDVDがあります!該当担で見てないけどどうしようとか迷ってたら買ってくださいまちがいないです。

 

 

3 Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜

劇団☆新感線の作品。生田斗真くんと神ちゃん目当てでした完全に。笑 関西担楽しいよ。

もうね、お金かかってる理由というかチケット代が高い理由がもうすぐわかるというか、むしろ安く感じるあの豪華さはどこから出てくるんだろうか。観た人しかわからないだろうけどほんとにタイトルが完全にネタバレなんですこれ。全部日本語に直すとそのままお話の流れになるんです。天才かよ。

ジャニーズ目当てで行ったけど個人的には中村倫也くんの役が大好きでした。あの役はずるかった。Blu-ray予約したからほんとに楽しみ。

 

 

4 キネマと恋人

妻夫木聡さん主演、ケラさん脚本演出の作品。この作品、2016年で1番好きだったかも。


世田谷パブリックシアターが、KERAとタッグを組んでお届けするのは、シアタートラムの小さな空間での、ひとつひとつを大切に紡ぐ、手作り感覚いっぱいの作品。
『キネマと恋人』は、ウディ・アレン監督の映画「カイロの紫のバラ」にインスパイアされた舞台である。
設定を日本の架空の港町に置き換えて、もう少しだけややこしい展開にすると――。
映画への愛あふれる、ロマンティックでファンタジックなコメディが、息づきはじめる。

 

映画の中の登場人物と主人公の女の子が恋に落ちちゃうお話。そして登場人物を演じる俳優さんも女の子に恋しちゃって...?

って感じです。妻夫木くんが二役やります。シアタートラムという狭い劇場で上演してる上に目の前で妻夫木聡が早着替えする贅沢さがすごい。

いっぱい笑えて、最後はちょっとほろっとする。おたくはわりと身につまされるのではないかと思うようなところもあったり...映像化はされる予定らしいです。

色んな賞も取ってた。知り合いはわたしが買って貸すから見てくれ。

 

 

5 戦国☆男士

舞台じゃないけどおすすめ!です!DVDBOX×2でお値段張るけど是非買って見てほしい!!

たっきーや平野良くん、山本匠馬くんに片岡信和くんなどなど、たくさんの俳優さんがわちゃわちゃしててメイキングがとても楽しいです(笑)本編は動ける俳優さんたちがたくさんアクションしてて見応えありまくり。個人的には戦国鍋より好きかもしれない。特撮が好きなら見て損はないと思います!変身はしないけど、生身のアクションがたくさん見れます。

 

 

最近の作品に偏ってしまってる気がするけど、記憶というのはそういうものなのかもしれない。

誰推しかわかったり誰が書いてるかわかったとしても私に直接言わないでね!お願いします!!