兼ヲタ日記

ジャニヲタで若手俳優のおたく。

破壊ランナー、ジョーカーゲーム

どちらもブルーシアターでやった舞台。まとめて感想を書けるのか?!うすーくなりそうではあるのでとりあえずどちらも書こうとおもいます。覚えてるうちに両方書かないと書けなくなりそうだし。

 

 

まずは破壊ランナー

西田シャトナーさんの演出された舞台自体はペダルも小林少年もロボロボも観てるんだけど、破壊ランナーが1番好きだったかもしれないです。破壊ランナーがあったからペダルのあの演出が存在したんだろうな、と思った。テニスに青春捧げたおたくは絶対楽しいキャストの面々。少年漫画みたいな世界観。とにかく「足が速い」が正義な世の中。観た後は自分も音速くらい出せるんじゃないかっていう気持ちになる(笑)

 

とにかく擬態語が多いしどこからアドリブなんだろう?って部分もあったりしてシャトナーさんが関西人であるということを感じました(笑)\どーん!/とか\ばーん!/とか\ぎらーーーん!!!/とかそういうの(笑)巨大ロボット対決のところが大好きであれを観るために通えるとすら思った←

 

とにかく宮下雄也さんが天才そのものでした。彼の存在が物語を操っている気がした。お笑いもアドリブも悪役も全部やる宮下雄也さんはほんとうに天才です。ランガンはすごいや。

 

毎公演アドリブであっただろう中央郵便局のくだり、大和さんはほんとうに自由な方なのだなと思いました。失礼ながらお名前すら知らなかったのですが、兼ちゃんをあたふたさせるほどの方ですもんすごくないわけがなかった

だいたい思ったより長く?なっちゃって枠の役のリッチモンド三兄弟の腕が死にそうになってたのが面白かったです。最終日?は参加していたみたいですね...観たかった

 

ライデンが報われなさすぎてこれでいいのか???って思ったり、リコは結局どうなってるの?とか終演後に考えたいことがたくさんあったんだけど、リッチモンド三兄弟についてわたしの考えとシャトナーさんの言及ツイートが全然違って笑った

いろんな解釈持っててもそれでいいよね、楽しかったのでDVDと再演を待とうと思います(気がはやい)

 

 

 

 

次にジョーカーゲーム

原作未視聴で観劇しました。役名だけ一致させて行った感じ。脳みそ振り絞って観てきたけどたぶん見落としがあるんだろうな、というくらい情報の詰まった舞台でした。こちらは西田大輔さん。

W西田をブルーシアターで制覇。笑

ブルーシアターでココア男。3人目。笑

 

時代のせいだと思うけどみんなタバコ吸い過ぎ!そして中の人の喫煙者と非喫煙者がわかりやすすぎ!w ジッポの持ち方からもう違いますね、慣れってこれですか。おそらく喫煙者なんだろうなという人たちは肺まで煙入れてる感がすごかったです(笑)

 

スパイの話なので名前が全員偽名とか、まあそういうところはいいんですけど、オラキオさんずるいよね!!!ずっと緊迫した空気が漂ってるのにオラキオさん出てくるとちょっと和むんだもん!ずるいよね!!三好が1ミリも笑わないあたりもとても好きです(笑)

たぶんこれアドリブだと思うんだけど、「最近胸にぐさっとくる日本語は『原作と違う』です!」って言った時の客席の笑いがすごかったです(笑)2.5における感想の最たるものであり役者さんにとっては必死でやったことがその一言で無になってしまう恐怖の言葉ですよね

 

結城さんがかっこよくてたまらなかったです。国に裏切られたのに国に戻って仕事をしてるってところでもうぐっときてるのに、その上あんなに淡々としてるのにD機関のメンバーへの愛が感じられるあたりがもう...上司の鏡かよ...

 

三好が死んだっていうのは嘘だと思ってたんだけどほんとに死んでたんですね...中央のところでベッドにいる三好が出てきたのとか、三好が起き上がったとことかで実はどこかで生きてるのかと思った。

 

しっかり全員に見せ場があって、基本的には会話劇なんだけどアクションもあったりして原作知らなかったけど面白い舞台だなって思いました。とりあえず原作を読もう。うん。

 

 

 

 

さらっと覚書程度に書いてみた。今後加筆修正するかもしれないし、記事を分けるかもしれない。