兼ヲタ日記

ジャニヲタで若手俳優のおたく。

タイトルなし

 

最近、自分って短気だなって思うことが増えました。

 

ジャニーズのおたくやってるときからのもう5〜6年フォローしているフォロワーさんが、某人気2.5次元舞台をきっかけに若手俳優「も」好きだと言うようになりました。

 

地方住みの方なので舞台にはあまりこれないけどライビュなら観るよ、というスタンスだったので、現場で会うことはありません。

 

フォロワーさんはまず若手俳優が個人でtwitterをやってることに驚き、リアルタイムでリプライができることに驚き、というジャニヲタあるあるを繰り広げました。ここまではわかる。

やっとその環境に慣れた頃、その2.5次元舞台が終了し、それぞれの俳優さんが別の作品に出ることになりました。

 

ただ人気2.5次元舞台に出演する若手俳優の世界は狭いので、「次の舞台もこいつと一緒」的なことがよくあります

 

そしたらその舞台もライビュを観に行くと言い出しました。理由が「○○と××(どちらも役名)が転生してまた違う世界で同じ場所に存在すると思うと行くしかない」と。

ライビュとはいえお金を出してくれるのは良いことですが、キャラと俳優の同一視を茶の間DDにされるのが辛すぎて辛すぎて、なんかしんどいなーって。

 

 

ジャニヲタは沼にハマるのがうまいので、そこからフォロワーさんはどんどん2.5次元舞台に注目するようになりました。注目すると言っても、舞台を観に行くわけではなく、出演者がtwitterやブログ等に写真を載せることを心待ちにしだしました。

 

イケメン()俳優がどんな舞台のどんな役をやってたってその俳優さんを1番最初に見た舞台の役名で呼ぶし、ちょっとでもコンビ萌えやシンメトリー的な要素が入っていればRTした上でTLに写真を上げまくって騒ぎ立て、おきまりの「尊い🙏」ツイート。

PRのために街にポスター貼られたりすると、「私のために○○くんと××くん(別作品の役名)のツーショット高画質で撮ってきて!」とツイートしてたり。

 

タダでor安価で見れるものだけ見ようとしている姿勢がどうしても好きになれなくて、とりあえず今はミュートしてます。

 

きっとこの人は永遠にこのスタンスを崩さないし、別のイケメン見つけたらその人に沸いて「舞台沼」「俳優沼」って言い出すし、たぶん舞台を観にくることはない。

なんか、疲れた。

 

 

わたしがいまやってることに関して、「推しのために」とは思っていません。わたしは個人の俳優Cさんが好きで、Cさんにできるかぎり長く俳優という仕事を続けて欲しいから動員の一部になりたいし、グッズの売り上げの一部になりたいし、花も出すし手紙も出すしプレも(たまに)渡す。若手俳優という大きなコンテンツではなくて、「Cさん」という小さなコンテンツを続けてもらうために動いてるんだと再確認した気がします。

 

そんなの気にしてちゃつまらないと言われることもあると思うけど、若手俳優なんてごまんといる中でお仕事を続けられるためには動員やグッズの売り上げ等のわかりやすく数字で見える結果が必要なんだと思ってます。

 

フォロワーさんに関して言えば、ジャニヲタやってたらCD出したら1位を取らせないと!という感覚があると思ってたんだけど、そこらへんの感覚はなかったみたいです。

 

 

タダで見ることに慣れたらお金出すわけないなぁと思うので、SNSは諸刃の剣だなって思います。「マメに発信する人が人気になる」のではなくて、「マメに発信しないと人気が出ない」ということになってしまってるんじゃないかなぁ。例外はもちろんあると思いますが。

 

 

若手俳優の仕事ってなんだろうね?